オススメ品 ニュース 小説 文学

【Kindleのススメ】「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」3月から電子書籍化!ベストセラー『古事記』も!

投稿日:




電子書籍とは?

紙媒体ではなく電子化された書籍のこと。

書籍リーダーとして最も有名なのはAmazonの「Kindle」だろう。




『池澤夏樹=個人編集』シリーズ

河出書房のHPにこんな記載があった。

胸が躍った。

いよいよ始まる第3期を前に、読者からの要望も多かった電子書籍の配信を、3月3日より開始します。第1弾は、本全集で最も売れている池澤夏樹による新訳『古事記』。以降、毎月2巻ずつの配信を予定しています。今をときめく人気作家たちによる古典新訳に加え、近現代作家の巻には、吉田健一、須賀敦子など電子配信が初めての作品も。新たな全集の楽しみ方、ぜひご注目下さい。

 

『古事記』

内容紹介

日本最古の文学作品を作家・池澤夏樹が新訳。原文の力のある文体を生かしたストレートで斬新な訳が特徴。画期的な池澤古事記の誕生!

池澤夏樹

北海道帯広市出身。

マチネ・ポエティクで同人だった原條あき子と福永武彦の間に、疎開先の帯広で誕生。
都立富士高校卒業後、1964年に埼玉大学理工学部物理学科に入学。1968年中退。

ハヤカワミステリーの短編やテレビ台本、『リーダーズダイジェスト』の記事などを翻訳。

ロレンス・ダレルの弟のナチュラリストであるジェラルド・ダレルが少年時代を回顧した、ギリシアを舞台にした『虫とけものと家族たち』『鳥とけものと親類たち』『風とけものと友人たち』を1974年から翻訳。これがきっかけで、1975年にギリシアに移住、3年間同地で過ごす。

『ユリイカ』の当時の編集長・三浦雅士の誘いがきっかけで、『ユリイカ』に詩を掲載。帰国後、初の詩集『塩の道』を出版。

1979年より『旅芸人の記録』の字幕を担当、これがきっかけでアンゲロプロスの作品の字幕を担当。
1984年5月号『海』に長編小説「夏の朝の成層圏」を発表、1987年中央公論新人賞を受賞した小説「スティル・ライフ」で、1988年に第98回芥川賞を受賞。

 

おすすめ書籍

●『近現代作家集』

内容紹介

この百年の間に書かれた傑作、今こそ読むに価する名作を、もっぱらモダニズムの尺度から選んで供する。(池澤夏樹)

 

電子書籍のすすめ

電子書籍の一番のメリットは携帯性であろう。

今まで、いつでもどこでも本が読める環境を手に入れることは、本好きにとって夢であった。

そんな夢を簡単に叶えてしまう電子書籍。

購入を検討されている方は、すぐに買って、すぐに夢を叶えるべきだと思う。








-オススメ品, ニュース, 小説, 文学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

面白すぎて増刷?異常に売れてる専門書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』著:川上和人

今、話題沸騰の専門書がある。それは、鳥類学の・・・ 話題の書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』 その発起人、というか著者は、この人。 川上和人 1973年大阪府生まれ。 東京大学農学部林学 …

コンビニコーヒーにはマイタンブラーを持参して満足度up! その方法とオススメなタンブラーを紹介。

コンビニコーヒー コンビニで手軽に美味しいコーヒーを飲める時代。 その味はコーヒーのプロも認めています。 例えば、 こんな本すら出ているのをご存知ですか。 『コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味 …

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。志賀直哉の文体とは?

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。 志賀直哉『暗夜行路』は、当時小林秀雄などによって恋愛小説という批評を受けた。 しかしこの小説を単に「恋愛小説」と括ってしまうのは、あまりに勿体無い。 実際、志 …

古本市に行ってみた。新宿サブナード「古本浪漫洲」で売られていたオススメ本を紹介。

古本浪漫洲 新宿サブナードで定期的に行われている 古本市『古本浪漫洲』に出向いた。 開催期間:4/10-4/26 名高い書店から集められた古本の数々は 毎回、多くの本好き達が足を運ぶ。 今回は実際に売 …

小説好きにオススメな「ユリイカ」5選

『ユリイカ』とは? 青土社から出版されている月刊誌。 詩や文学などの批評や、思想についてが中心であり、 小説家や文学愛好家に好まれている。 名前の「ユリイカ」は、見つけたを意味する「Eureka(エウ …