オススメ品 ニュース 小説 文学

【Kindleのススメ】「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」3月から電子書籍化!ベストセラー『古事記』も!

投稿日:




電子書籍とは?

紙媒体ではなく電子化された書籍のこと。

書籍リーダーとして最も有名なのはAmazonの「Kindle」だろう。




『池澤夏樹=個人編集』シリーズ

河出書房のHPにこんな記載があった。

胸が躍った。

いよいよ始まる第3期を前に、読者からの要望も多かった電子書籍の配信を、3月3日より開始します。第1弾は、本全集で最も売れている池澤夏樹による新訳『古事記』。以降、毎月2巻ずつの配信を予定しています。今をときめく人気作家たちによる古典新訳に加え、近現代作家の巻には、吉田健一、須賀敦子など電子配信が初めての作品も。新たな全集の楽しみ方、ぜひご注目下さい。

 

『古事記』

内容紹介

日本最古の文学作品を作家・池澤夏樹が新訳。原文の力のある文体を生かしたストレートで斬新な訳が特徴。画期的な池澤古事記の誕生!

池澤夏樹

北海道帯広市出身。

マチネ・ポエティクで同人だった原條あき子と福永武彦の間に、疎開先の帯広で誕生。
都立富士高校卒業後、1964年に埼玉大学理工学部物理学科に入学。1968年中退。

ハヤカワミステリーの短編やテレビ台本、『リーダーズダイジェスト』の記事などを翻訳。

ロレンス・ダレルの弟のナチュラリストであるジェラルド・ダレルが少年時代を回顧した、ギリシアを舞台にした『虫とけものと家族たち』『鳥とけものと親類たち』『風とけものと友人たち』を1974年から翻訳。これがきっかけで、1975年にギリシアに移住、3年間同地で過ごす。

『ユリイカ』の当時の編集長・三浦雅士の誘いがきっかけで、『ユリイカ』に詩を掲載。帰国後、初の詩集『塩の道』を出版。

1979年より『旅芸人の記録』の字幕を担当、これがきっかけでアンゲロプロスの作品の字幕を担当。
1984年5月号『海』に長編小説「夏の朝の成層圏」を発表、1987年中央公論新人賞を受賞した小説「スティル・ライフ」で、1988年に第98回芥川賞を受賞。

 

おすすめ書籍

●『近現代作家集』

内容紹介

この百年の間に書かれた傑作、今こそ読むに価する名作を、もっぱらモダニズムの尺度から選んで供する。(池澤夏樹)

 

電子書籍のすすめ

電子書籍の一番のメリットは携帯性であろう。

今まで、いつでもどこでも本が読める環境を手に入れることは、本好きにとって夢であった。

そんな夢を簡単に叶えてしまう電子書籍。

購入を検討されている方は、すぐに買って、すぐに夢を叶えるべきだと思う。








-オススメ品, ニュース, 小説, 文学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Kindle本を簡単に出版する方法を一から紹介。これを読めば、だれでも電子書籍が出版できる!(拍子抜けするほど簡単です)

Kindle(電子書籍)出版のすすめ アマゾンで本を販売する。 夢のようなことに思えるかもしれないが、 実は、だれでも簡単に出版することができる。 今回は、そのノウハウを紹介していく。 これを読めば、 …

【日本文学版・人生ベスト小説たち】紙の本を全部捨てようかと思った。でも、どうしても捨てられない本があった。その一部を紹介。

紙の本を捨てる 本を捨てるというのは、考えられないことだった。 けれど、kindleを手にしたこと、引っ越しをすること などが重なり今回思い切って、処分した。 処分の方法は、以前記事に書いているように …

今なら一冊10円! ブックオフで30円で本を買う方法 『米原万里ベストエッセイⅠ』

中野坂上にあるブックオフに行ってきました。 3/20に閉店してしまうようで、、、 残念なのですが、 今なら何と、本全品70%OFFで買うことができます! 108円の本なら、約30円。 今がチャンスです …

【書評】芦原すなお『青春デンデケデケデケ』直木賞受賞作。村上春樹との関係。音楽と青春。

芦原すなおとは? 芦原 すなお(あしはら すなお、1949年9月13日 – )は、日本の作家。本名 蔦原 直昭(つたはら なおあき)。香川県観音寺市出身。香川県立観音寺第一高等学校、早稲田 …

転職活動で悩み円形脱毛症に。考え方を変えて私がした選択。そして治った。

転職時代 どんなに大きな企業に勤めようが、転職を一度は考えるのが現代である。 それほどまでに転職は一般化してきている。 しかし、いざ転職しようとすると踏み込めない人も多いのではないだろうか。 転職した …