ニュース

茂木健一郎 「オワコン」芸人批判で炎上! 対して芸人は? キーワードは「質問力」?

投稿日:2017年3月22日 更新日:

茂木健一郎


 

日本で最も有名な脳科学者なのではないか。

いま、彼のツイッターでの発言が物議を醸している。

 

Twitter茂木健一郎 (@kenichiromogi)

日本の芸人を世界レベルでみて「終わっている」とツイートしたのだ。

例えばこのように。

 

「上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」

 

「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に『終わっている』」

 

これを受けて、芸人側は、反論している。





 

爆笑問題は、

「日本のお笑いの方がよっぽど多様性があります」と主張。

ピコ太郎などを例に挙げ、

「何の意味もないのに世界中が大笑いするじゃないですか」

とラジオで発言。

ナンセンスな日本のお笑いが受けるのは、

それをナンセンスだと理解できる受け手がいるから。

そういったものを理解できること自体、

日本人のお笑いレベルは高い。

といったような意味で、こう反論した。

「あんなものはナンセンスですけど、あれは結局ね、局部を映しちゃいけないっていう放送を茶化してるわけですよ。ゴールデンのど真ん中で、ちんちん映るか映らないかってやって、みんなでゲラゲラ笑ってるんだよ。それは日本人の客のレベルが高いってことなんですよ」

 


 

松本人志氏は、

「茂木さんが全然面白くないから。笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても『刺さらなねぇぜー』って感じ。ムカッともこない」

「風刺とか、我ら下から上の人たちに向けてなんか言うって、笑いの取り方として一番安易で、すごい簡単なことで、別にそれは誰でもできるんですけど、日本の芸人はあんまりやらないだけで、そこを言われてもなぁ」

とセンスがないと批判。

 

この反論を受けて、茂木氏は、

「お笑い界を応援したい」という気持ちからの発言だったと説明した。

また、こうも言う。

「お笑いは世界規模で行われていて、そろそろ日本のお笑いも変わらないともったいない。今回の発言を芸人さんがどういう風に受け止めてくれるかが楽しみだった」

 

茂木氏は、芸人にある意味「質問」として発言したのだ。

 

 

「質問」に関して、茂木氏は本を書いている。


 

『最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!』

 

今回の「質問」は、どういった考えのもと行われたのか?

この本にこそその真の理由が隠されている。

「質問は脳を活性化させるだけでなく、

目の前にあるさまざまな問題を解決に導いてくれる」

と茂木氏は書いている。

質問とは「どうしたら今よりよくなるか?」の問いだという。

 

そして人類は自分たちの文化や生活を発展させ、進化させてきた。

しかしながら、そんな大きな力を秘めているのに、

日本人は質問をするのが下手。

「こんな質問をしたら、バカだと思われる」

「こういう質問したら、笑われてしまう」

と、むしろ、怖がっている。

というのだ。

 

日本のお笑いを批判したのではない、という茂木氏にとって、

今回の騒動の発端となった発言は、

お笑い好きの彼が、

「どうしたら今よりよくなるか?」

ということを考えたことで生じたのかもしれない。





-ニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

東京(新宿・渋谷・有楽町)でいつでもプルームテックを買える店を発見。

プルームテックを東京で買う。 東京にプルームテック(PloomTECH)が進出したのも束の間、 売り切れが続出し、まだ手に入れられていない方も多いかもしれない。 しかしこのブログでも紹介しているように …

『バカの壁』を超える養老孟司のおススメ本一挙紹介!名越康文との対談本『「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質』出版!!

養老孟司 養老 孟司(ようろう たけし、1937年(昭和12年)11月11日 – ) 日本の解剖学者。 神奈川県鎌倉市出身。 東京大学名誉教授。 『バカの壁』 2003年に出版された『バカ …

【夏休み、文学好きにおすすめの宿】川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した《川端の宿・湯本館》

川端康成 川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 – 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍し …

数学「ポアンカレ予想」の解決から、現代日本社会が学ぶべきこと。

ポアンカレ予想の歴史 1904年にフランスの数学者アンリ・ポアンカレによって提言された。 数多くの数学者たちが証明しようとしたが、 100年もの間、未解決のままであった位相幾何学の大難題。 この難問は …

又吉直樹2作目『劇場』発表!芥川賞『火花』に続く「又吉効果」で、今、文芸誌がアツイ! 

芸人ピース又吉直樹氏の『火花』が文學界に掲載され、 増刷を2度繰り返したことで、 累計部数が同誌史上最高の4万部に達した。 当初部数は1万部。 発売からわずか2日で4倍の部数に達したことになる。 純文 …