オススメ品 哲学 小説 文学 映画 知識

【書評】漫画化もされロングセラーの『君たちはどう生きるか』著:吉野源三郎。宮崎駿が映画アニメを制作。

投稿日:





『君たちはどう生きるか』吉野源三郎

内容(「BOOK」データベースより)

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

 

今、最も話題の書といっても過言ではない『君たちはどう生きるか』。

この本は初出1937年に新潮社から出版された。

ではどうしてそんな古い本が、今になってこれほどまでに話題になっているのか。

まずは、漫画化されたことが理由の一つだ。

 

 『漫画 君たちはどう生きるか』羽賀翔一

漫画化に乗り出したのは、羽賀翔一。

 




日本アニメ界の巨匠・宮崎駿監督が映画制作を再開した。

そしてその作品の題材になっているのが、

何を隠そうこの『君たちはどう生きるか』なのだ。

新海誠監督の『君の名は。』が空前の大ヒットを記録し、

新海誠を次世代の宮崎駿と語る人も多い。

さて、読んでみた。

読み始めると止まらない。

古さを感じさせない人間の永遠のテーマともいうべきことが

コペル君の経験と、叔父がコペル君に語る「ノート」から構成されている。

コペル君はこどもだが、大人が読んでこそ学ぶべきことがたくさん詰まっている。


 

コペルニクスの地動説

コペルニクス以前まで

人々は地球の周りを太陽が回っているのだと考えていた。

これは、地球を中心とした考え方だという。

つまり自分たち「人」が宇宙の中心だという考えだ。

ここには教訓がある。

人間が常に自分を中心に考えているということの表れなのだろう。

コペルニクスは、思い切って、

自分を中心とせず考えた。

そして真実を得たのだ。

しかしこの説が唱えはじめられた当時は、

「危険思想」だと思われたのだという。

書物は焼かれ、迫害もあった。

人が思い切り真実を語るときには、

いつでも反論があり、被害を被る。

本当のことを知るというのは、辛いことなのかもしれない。

しかしその末に、確かな未来がある。

コペルニクスのような「思い切り」を大切にしなければならない。

 

さすがは歴史的名著といわれることだけあって、

読まずにいるのは残念だと思える読後感であった。

 





-オススメ品, 哲学, 小説, 文学, 映画, 知識

執筆者:


  1. 八木彬夫 より:

    amazon オンデマンドで「The Beatles 音源徹底分析 上・下」を出版している八木彬夫です。
    貴ブログで拙著を紹介いただければ幸いです。

    内容紹介
    ザ・ビートルズについては多数の書籍が書かれており、今や出尽くした感があります。本書は、これまで行われたことがなかった定位の分析を行うことで、正規発売だけでなく現在入手可能なブートレグの音源までも含め、一曲ごとに詳細な分析を行ったものです。
    上巻では、彼らのデビューからコンサートを止めてしまう66年までの期間を追いました。
    下巻では、彼らが挑戦した新しい音の追求、67年のストロベリー・フィールズ・フォーエヴァーから、最後の録音となった70年のアイ・ミー・マインまで。さらには謎に満ちたゲット・バック・セッションの全貌を明らかに。
    95年から始まったアンソロジー・プロジェクト、入手可能なブートレグの音源も含めて、一曲ごとに詳細な分析を行ったものです。

    amazon > 本 > ビートルズ で検索

    または

    上巻(赤本)https://www.amazon.co.jp/Beatles-音源徹底分析-上-八木彬夫/dp/4802093810

    下巻(青本)https://www.amazon.co.jp/Beatles-音源徹底分析-下-八木彬夫/dp/4802093829

    著者について
    1960年生まれ。ビートル・マニアとしては第二世代に属する。著者自身が様々な楽器を演奏し、現在も音楽活動を続けている。これらの知識と経験をもとに、まとめた本書は、小説投稿サイトにおいて、合計200,000PVの閲覧がされている。

    ブログ:http://beatles-analyze.blog.jp/

八木彬夫 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

町田康、新刊『ホサナ』発売!『告白』『宿屋めぐり』に続く新たな代表作誕生!サイン会&朗読の情報を見逃すな!

町田康 町田 康(まちだ こう、1962年1月15日 – )は、日本の小説家、ミュージシャン。 旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は同じ漢字で「まちだ やすし」。 大阪府堺市出 …

BRUTUS(ブルータス)『危険な読書』からオススメ本を紹介。前回は筒井康隆。今回の危険な作家は?

BRUTUS『危険な読書』 以前このブログでも紹介した ブルータスの『危険な読書』。 2018年1/1・15合併版で、 同じ名前の『危険な読書』が発売された。 BRUTUS(ブルータス) 2018年 …

『こころの処方箋』河合隼雄の著作、名言から、生きる秘策を学ぶ。

河合隼雄『こころの処方箋』 河合隼雄とは? ●1928年、兵庫県生まれ。 ●京都大学数学科卒業後、スイスの「ユング研究所」に留学。 ●京大名誉教授。 ●「国際日本文化研究センター」所長。 ●日本におけ …

【コーヒー好き必見】ネスカフェ ドルチェグスト/ネスカフェ バリスタを無料同然で試してみたレビュー。最大のメリットは「時短」?

ネスカフェのコーヒーメーカーが無料同然で楽しめる? ネスレ通販オンラインサイトでのキャンペーンが行われているのはご存知でしょうか。 コーヒー好きの私は、さっそく試してみました。 コーヒーメーカー(マシ …

石井裕也監督の新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』のレビュー。最果タヒの詩の世界が映画化された奇跡を見逃すな!高橋源一郎が寄せたコメントとは?

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 今、文学界にも映画界にも激震が走っている。 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が公開されたからだ。 主演は、池松壮亮と石橋静河。 『映画 夜空はいつでも …